読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どさんこ田舎者、東京でいろいろつくる

北海道遠軽町出身、さのかずや26歳。大学院を経て、再び東京で会社員。無茶と繊細さと賢さとバランス感覚。

【読書感想文】はみだす力/スプツニ子!

ぶっとび系社会人への道。


日本人とイギリス人の数学者の両親を持ち、
17歳でイギリスの大学、理学部数学科に進学、20歳で卒業し、
芸術大学に進学・卒業、アーティストとして活動しながら、
先日MITメディアラボの助教に採用された28歳、スプツニ子!氏の自伝。


以下印象に残った部分。

経験に使うお金は惜しまない。

経験に死ぬほどお金を使ってる。報われた感じ。

得意じゃないことを経験し、
やりたいことを実現する表現ツールを増やす。

死ぬほど得意じゃないことをやってる。
表現ツールを揃えてる感じはある。
耐え抜けば得られるものも多いか。

行き詰まったら旅に出る。

旅に出過ぎて破産寸前。もっと旅したい。行き詰まりすぎ。

理由をもってルールを破る。

「しっかりした理由があれば、良識ある大人は理解してくれる」
なるほどなあ。

やると宣言する。

考えるだけ考えてやらない悪い癖をなんとかしなくては。

やりたいことをやるために、お金もちゃんと稼ぐ。

なんだかんだお金はすごく大事なんだよな。今は稼ぐ期間。

できそうになくてもとりあえず「できます!」と答える。

とりあえず渋る癖はほんとによくない、と最近思う。
「できます!」って言ってるほうが、いろんな人がかまってくれるよなあ。

自分の力の10倍をイメージしてふるまう。

自分の「自信の無さ」ってほんとに駄目なとこ。
多少無理してでも自信は持たなくては。

全ての人を、大切に。

これも自分に足りない部分。誰にいつ助けてもらえるかわからない。
いつ誰とでも、最大限のリスペクトを持って接していかねば。


はみだす力

はみだす力

とても良い本でした。
自信を持って、自分の根っこはいい意味で曲げずに、
頑張っていこうと思えた、そんな本でした。




気がついたら毎日が消化されていくし、時間も奪われていく。
友達と遊ぶ時間は大事だし、そういう関係でしか得られないことも多いけど、
プログラミング勉強する時間とか、本読む時間とかも確保しなきゃ。
流されないように、自分が本当にやらなきゃいけないことは忘れずに、
濁流にのまれず浮上していかなくては。


20代後半の、来年旦那と北海道に帰る、という女性とお話させて頂いた。
「とりあえず、やる」「目に見えるものをつくる」
ということが一番の説得力になる、ということを教えて頂いた。
評論家ではなく、プレイヤーにならなくては。そろそろ。


12月1日(日)「北海道Day vol.2」にゆきます。
http://hokkaidoday02.peatix.com
お話させて頂いた女性に紹介してもろた。
なんか面白いこと考えてる人と会えたらいいなあ。


♪やまびこ/B-DASH

懐メロコアシリーズ


きょうはこのイベントにゆきます。
Getting Better × COUNTDOWN JAPAN 13/14 @下北沢 CLUB Que
http://getting1996.com/pick_up_party01/getting-better-%C3%97-countdown-japan-1314
3年ぶりくらいにいく。たのしむ。