読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どさんこ田舎者、東京でいろいろつくる

北海道遠軽町出身、さのかずや26歳。大学院を経て、再び東京で会社員。無茶と繊細さと賢さとバランス感覚。

【読書】生まれて初めてレールを外れた4月に読んだ本たち

.



https://instagram.com/p/0ngiTbKrVq/
大事なことは全部、通り過ぎてから知るものですね。あとみっか。貴重な時間を大事に過ごしましょう😌😌


https://instagram.com/p/060B76KrWh/
ヤマトが2時間早く来たので運びきれなかったものが複数。。。別途呼ぶか。。。


https://instagram.com/p/09I33CKrUq/
遠くに来た



社会をドロップアウトして1ヶ月。


もうそんなに経ったか、というような、まだそんだけか、というような。


時間がたくさんできた。読みたい本がたくさんあったし、つくりたいものもたくさんあった。つくるために勉強しなきゃいけないこともたくさんあった。毎日インプットとアウトプットの時間がたくさんとれて嬉しい。たのしい。




5冊読んだよ


大半を「消費社会の神話と構造」を読むのに充てていたが、読み終わったのが5月入ってからなので、それまでに読んだ本と平行して読んでいた本たち。





■メディアは透明になるべきか
読了日:4月7日 著者:ジェイ・デイヴィッドボルター,ダイアン・グロマラ

メディアは透明になるべきか

メディアは透明になるべきか


コンピューターは、コンテンツをありのままに映す透明なメディアと当初は見られていた。

が、透明なだけでなく、必ずなんらかの形でユーザーを反映するメディアでもある。

優れたメディアは、透明性と反映性の間を揺動するものであるべきだ。
&
あらゆるメディアは他のメディア・過去のメディアの再構築である。


という話。マジ難しいけど、メディアアートの概念としてめっちゃ参考になる。これまで見てきたマスメディアだと、いかに透明なメディアだと見せながらその反映性を評価されるか、というところがお金になるのだな、と思ったり。





■反重力 Antigravity 浮遊・時空・パラレルワールド(仮)
読了日:4月8日 著者:髙橋大輔

反重力 Antigravity

反重力 Antigravity

  • 「芸術とは、リアルを経験しながら非現実(アンリアル)を思念することである」
  • 重力という逃れられない理の中で、飛行という理に逆らう行為を行うことは、上の定義の通りである。
  • 逃れられないリアルの中で一時的なアンリアルを知ることにより、一層リアルをしっかりと見つめることができる。


瞬間芸が好きなんだけど、その不可逆性、非現実性が好きなのかもしれない。すごく今後の参考になりそうです。また読むかも。





■小さなラジオ局とコミュニティの再生: 3.11から962日の記録
読了日:4月20日 著者:金山智子,日比野純一,宗田勝也,松浦さと子,松浦哲郎

小さなラジオ局とコミュニティの再生: 3.11から962日の記録

小さなラジオ局とコミュニティの再生: 3.11から962日の記録


被災時の臨時災害放送局は「生きるための情報」を配信するメディアとなっている、という話。町の人は全員避難していて、町にはだれも住んでいなくても、集団避難先でその町の情報を配信する放送局があるらしい。場所を離れてもコミュニティを維持するための重要な手段なんだろな。

維持するためのコンテンツづくりとか、維持するためのお金を得るのは相当難しそう。災害支援の一環としてナショクラから発注をもらったり、ニッポン放送から番組コンテンツの無償提供をしてもらったりしたようだ。そういうのもあるのか、と思った。





フィジカルコンピューティングを「仕事」にする
読了日:4月29日 著者:小林茂,イメージソース/ノングリッド,面白法人カヤック,チームラボ,サイバーエージェント,くるくる研究室,ソフトディバイス,山上健一,木村秀敬

フィジカルコンピューティングを「仕事」にする

フィジカルコンピューティングを「仕事」にする


去年か一昨年ぐらいに買って全然読めてなかった本、今更ながら読んだ。2011年の本だからもう結構古い。でも電子工作とかそれを使ってる業界とかのことを知らなさすぎる…もっと出口のところを勉強しないとだ。

でも出口を勉強するよりは、もっとコアの部分を勉強する中で出口を知るほうがいいのかもしれないな。それが本来の順番なのかもな。





横山健 随感随筆編
読了日:4月29日 著者:横山健

横山健 随感随筆編

横山健 随感随筆編


sanokazuya0306.hatenablog.com
この記事にも書いたけど、いま一度。


どんな体制側組織にも属さず、どんな権力にも屈さない、常にぼくらの味方、正義の味方のパンクヒーロー。全然説明がつかないけど、やっぱりぼくの心の師であるなあ。はるか日本の果ての、高卒の両親のもとに生まれ育った、圧倒的弱者ソサエティから出てきた身としては、パンクヒーローは数少ない、ものすごく強い味方だったんだなあと改めて思う。

24にもなって、今からギタリストとしてパンクヒーローにはなれないと思うけど、何らかの形で「横山健みたいになりたい」と思っている自分。いったいなにができるだろう。パンクな仲間がほしい。自分からアクションを起こさなくてはだ。



ゴールデンウィーク


https://instagram.com/p/2Ngs7EKrbN/
so far


https://instagram.com/p/2Njp9kqrfB/
Instagram


.


山に行った




https://instagram.com/p/2Pvbzoqrd6/
京都国際現代芸術祭


.
nothing but ヤバさ


京都に行った



https://instagram.com/p/2S8JqsqrW4/
俺たちのジー・ダブリューはこれからだ👬🌟🌟圧倒的成長😄💪✨✨


.
がればんmixチャレンジ中


勉強した



充実した。休日は何日あっても足りませんね。今のうちに実験的な休日の使い方をしよう。





【日中作業のおともに】さわやかリラックスロックmix【休日の昼下がりに】 by Sanokazuya0306 さのかずや on Mixcloud


次はこのmix作った話を!







サンボマスター「可能性~映画『ビリギャル』バージョン~」MUSIC VIDEO 前編 - YouTube

サンボマスター/可能性

15年もパンクをやるっていうことのすごさ。パンクとポップのど真ん中に居続けるかっこよさ。

viva la rockの銀杏BOYZが超満員だったそうな。今年中に見れるかなあ。見たいなあ。




関連記事