読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どさんこ田舎者、東京でいろいろつくる

北海道遠軽町出身、さのかずや26歳。大学院を経て、再び東京で会社員。無茶と繊細さと賢さとバランス感覚。

音楽の思い出について。

卒論発表準備そっちのけで、
"Four Seasons Festival '13"
というロックフェスティバルに行ってきました。
http://www.773four.com/fsf/13/




僕は、パンクロックが好きだ。騒々しいやつ。
幼少の頃からJUDY AND MARYを聴かされ続けて育ったからかもしれない。
生まれてはじめて行ったライブは、忘れもしない高校1年、2006年6月30日、
北見オニオンスタジオで行われたHAWAIIAN6というパンクバンドのライブだった。
僕は2曲めでメガネを失くした。笑

↓メガネをなくした時の曲
LIGHT AND SHADOW/HAWAIIAN6


それから2年、新しいメガネも買った僕は、ずっとパンクばかりを聴いていた。
同じくらい好きだったのが、locofrankというバンド。
ほぼ丸2年後の2008年7月8日(ググった)に、同じく北見オニオンスタジオでのライブ。
僕は確か何か用事があって終わるギリギリにしか行けなかったけど、
友だちも制服で見に来ていたこととか、強烈に思い出に残っている。

そういうわけで、僕の高校生活のほとんどは、
こういったパンクバンドの音楽と切っても切り離せないものになった。
音楽を聴くと、その時のことをありありと思い出したりもする。
友だちと夜中に河川敷で自転車に乗ってたとき、
「おれめっちゃあの曲好きなんだよね」って言ってたこととか。



それから6年半の月日が流れ、僕は大学4年生になった。
そんな折に見かけた、FOUR SEASONS FESTIVAL。
最後の2バンドが、HAWAIIAN6locofrank
HAWAIIAN6は大学1年のとき以来、locofrankは高校以来見ていない。
僕は卒論発表の準備は頭から追いやり、迷わずチケットを取った。



結果。泣いた。
今回もメガネを落とした曲は3曲めに流れたが、6年半経って、僕もコンタクトに。
どうせだし元カノから貰った時計でも落としたら後腐れなく東京いけるな、
とか思ったりしたけど、激しく動いたけど落ちなかった。大切にします。

「終わらない青春の歌、やります!Eternal Wish, Twinkle Star!!」
これが、河川敷で友だちが言っていた歌だった。
いろんな高校時代の思い出がフラッシュバックして、
泣きながらモッシュ(パンクのライブの観客の押し合い)してた。

Etarnal Wish, Twinkle Star/HAWAIIAN6
動画:Hawaiian6 - Eternal Wish, Twinkle Star

ほかにも高校時代みんな聴いていた懐かしい曲ばかりだった。
4年半ぶりのlocofrankもめちゃくちゃ懐かしい曲ばかりだった。
部活帰りに聴いてた曲ばっかりだった。

単純に去年知ったSiMっていう人気急上昇中のバンドとか、
今日はじめて知ったMILKCOWっていう、
常にデスボイスでマイク振り回してるけど、
曲の間のしゃべりはめっちゃ声高くてめっちゃしゃべるおっさん、
っていうギャップバンドとかも、普通にすごくたのしかった。笑

全身筋肉痛と猛烈な疲労と進んでいない卒論発表準備と引き換えに、
高校時代の青春の6割ぐらいを取り戻した気がした。
社会人になる前のいま、こういう気持ちを思い出せてよかった。
めちゃくちゃ眠いけど、今夜は卒論発表準備がんばろう(´・ω・`)



音楽の力ってすごいなあ、と思う。
パンクの人たちは、東北にライブハウスをつくるための活動をずっと続けている。
「東北ライブハウス大作戦」
http://www.livehouse-daisakusen.com/

「東北を音楽の力で盛り上げよう!」としてる人はものすごくいっぱいいるし、
未だに「東北のことをちょっとでも考えてみよう」なんて、
もうパンクバンドの人くらいしか言っていないように見える。

それから、今回はlocofrankという、パンクの中ではかなり有名なバンドの主催で、
Zepp Nambaを2日間貸しきって行われたロックフェスだったけど、
「ロックフェス」の敷居はだいぶ下がってきてるなぁ、と思った。
チケットも3,900円。
普通のパンクバンドのライブでも3,000円ぐらいすることを考えるとかなり手頃。

そのうち、文化祭みたいにロックフェス開けることもあるのかなぁ。
と、自分は別に音楽できるわけでもないのに思ったりもした。
まあでも、箭内道彦さんが「風とロック」で全国ツアーしたりしてるし、
いつなにがあるかわかんないよね、と思いながら。

今日の日の、
「音楽で高校時代のことをたくさん思い出した」
ってこともいつか糧になればいいなあ。
社会人になったら忙しくてなかなかライブとか行けないんだろうけど、
行ける範囲で行きつづけたいな。



ヤマもオチもないブログを書くことに抵抗がある。
滅多に書かないからか。笑
もっと更新頻度ふやせばいいのか…