読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どさんこ田舎者、岐阜でものづくり修行中

北海道遠軽町出身、さのかずや25歳。情報科学芸術大学院大学(IAMAS)にいます。無茶と繊細さと賢さとバランス感覚。

「NxPC.LIVE 360°」開催に際して

.


f:id:sanokazuya0306:20151210045558j:plain

「NxPC.LIVE 360°」という音楽イベントをやります。

12月10日(木)にやります。日付変わってもう今日ですね。
詳細はこちらに記載しております。
http://nx360.tumblr.com


360°映像の革命性

これはぼくが、今年の春過ぎから、360°映像の革命性を感じて取り組んできたものの、1つの着地点になります。こちらの下の方にもこそっと書いていますが、これは従来の場所性を突き崩すための1つの大きな道具となりうる、と思っているからです。最近英語の論文読んで訳するレポートを死ぬほどやっていたのでなんだか日本語が英訳文みたいになっていますね。

空間をWeb上に作り出す。これが2015年12月時点でどこまでできるのか。ぼくがやりたいのはそれなんです。おかげさまでYahoo!ニュースにも載ったりしました。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151207-00010001-kaiyou-ent

たぶんこれ見ただけだとあんまり伝わらないかもしれませんが。でも、単純に楽しいと思います。

このイベントの開催にあたって、思いをまとめた文章を作りました。ここに残しておきます。


声明文

 人間には、「日常を生きるための非日常」が必要だとぼくは考えています。

 年に1回見れるか見れないかわからない、はるか遠くで歌って踊って笑うPerfumeを見るために、1年中頑張って働ける友人を知っています。
 毎月東京で行われるDJイベントのため、長野や山形からバスで毎月通っている友人を知っています。
 ディズニーランドのチケットがあるだけで毎日を生きていける友人を知っています。
 日常のストレスをバンド活動にぶつけることで、なんとか仕事を続けられる友人を知っています。
 ぼくの故郷、北海道紋別郡遠軽町には、遊園地も美術館も、映画館もライブハウスも、イオンやマクドナルドさえありませんでした。

 「インターネットは東京だけが加速している」と、インターネットレーベルMaltine Records主宰のトマドさんは言いました。
 それはなぜか?
 なぜインターネットは、東京だけが加速しているのか?

 ぼくの考えた答えは、「現在のインターネットは、現実の拡張でしかないから」。インターネットが普及して、従来のインターネットを超えた「ポスト・インターネット」の社会が追求されている中でさえ、インターネットの出会いですべての人間関係が成立することは稀で、現実の出会いなしで人間関係は成立することはめったにありません。インターネットがいくら発展しても、物理的な距離のある現実世界は、接続されることなく依然として分断されているのです。東京のインターネットが加速しているのは、物理的な距離がごく小さいために、現実とインターネットの距離がごく小さいからではないだろうか。と東京で2年間暮らしたぼくは考えています。
 東京以外のインターネットを加速することはできないのか?ぼくはここ、岐阜県大垣市にある情報科学芸術大学院大学、通称IAMAS(イアマス)に今年の春に入学してから、いや正確にはその前、東京で働いていた時から、ずっと考えてきました。

 そこでぼくが考えたひとつの方策が、「インターネット上に『空間』を提供することにより、現実世界を接続する」という方策です。

 これまで、「テレビ」という名前の無機質な窓が、ぼくたちを野球場へ、国技館へ、プロレス場へ、劇場へ、コンサート会場へ、芸能人が並んだスタジオへ、知らない街へ、ドラマの世界へ、アニメの世界へと連れて行ってくれました。今でもたまに、サッカー場やスケートリンク、ドラマの世界へと連れて行ってくれることがあるかと思います。
 たとえばYouTubeニコニコ動画のような動画配信サービス。世界中のあらゆる時刻、あらゆる世界へと連れて行ってくれます。たとえばUstreamニコニコ生放送、ツイキャスのような、動画ストリーミング。こちらも世界中のあらゆるリアルタイムの世界へと連れて行ってくれるし、こちらからその窓を開くことができます。
 ただ、それらはすべて、『窓』でしかないのです。その向こうを覗き見ることはできても、その『空間』に入ることはできない。相手も窓を開いているだけで、こちらを覗いてはくれないのです。
 たとえばSkypeやFaceTimeのような、ビデオ通話サービス。確かに『窓』を通して世界をつなぐことはできますが、『窓』は現実からは程遠く、目を背ければ、そこにはどこにも接続されていない現実世界が毅然として広がっています。

 ぼくがこれからやろうとしているのは、360度カメラと、360度映像を体験できるデバイスを用いて、360度映像をリアルタイムにストリーミング配信することで『窓』ではなく『空間』を提供すること。
 そしてそのデバイス、つまり「空間」への入り口は、みなさんの手元にある、そのスマートフォン
 カディンチェ株式会社様のサービス「PANOPLAZA MOVIE」によって、ここ岐阜県大垣市から発信するライブイベントの映像を、いや、ライブイベント空間を、リアルタイムに日本中のみなさんに、世界中のみなさんに提供します。
 発信する場所はもはやどこでもいいのです。東京でもいいし、北海道遠軽町でもいい。ここはもはやインターネット。現実世界が接続する以上、場所はどこでもよくて、どこでもない場所になります。
 360度映像のほかにもう1つ、交流の場所として、SNS上のハッシュタグ #nx360 を用意しました。この空間を覗き見て、少しでも感じたことがある方はぜひ、 #nx360 を付けてつぶやいてみてください。

 あなたの生活にひとつだけ、非日常を増やしたい。そこから新しいつながりが生まれることによって、世界のどこかにいるあなたの日常を生きていくちょっとした楽しみ、小さな糧になれるのであれば、こんなに嬉しいことはありません。

 このレベルの非日常なんて、すぐそこの下北沢に行って、すぐそこのClub Queに行けば、すぐそこの新宿に行って、すぐそこのMARZに行けば、すぐそこの渋谷に行って、すぐそこのラウンジネオに行けば、すぐそこのアキバに行って、すぐそこのmograに行けば、すぐに非日常に飛び込める東京には、必要がないものかもしれない。ぼくだって、電車に30分揺られて名古屋まで行けば、だいたいどこかで何かしらの非日常に出会える。東京に必要がないのなら、都会に近い田舎で必要ないのなら、日本のどこにも必要がないものかもしれない。
 このイベントの開催に取り組み、その仕組みを開発してきたこの数ヶ月、何度も何度も自問自答する日々が続きました。

 それでもぼくは、「インターネット上で、現実世界を接続する」ことを通して「日常を生きるための非日常」をもたらす場づくりを、なんとしてもやりたいと思っています。
 北海道の山奥、日本の隅の隅で、意志の通った仲間を見つけることができず、誰にも理解されることなく、誰にも見られることのない創作物を、ひとり作り続けていたあの頃の自分のために。いまも世界のどこかにいるかもしれない、あのころのぼくとような境遇で、日の当たらない場所でひとり自分自身と向き合い続けている誰かのために。

 ぼくの地元である北海道の田舎はいま、本当に危機的な状況にあります。産業や商店街をはじめとしていろんなものがなくなっていき、ついにインフラがなくなりつつあります。今年、ぼくの地元にある周辺地域の医療を担う病院から、産婦人科がなくなりました。JR北海道は国の支援がなければ2018年には破綻する見込みになっています。きっとそれは北海道だけではなく、日本の田舎の未来だと思うのです。
 でも、そういう難しくて大きなことよりも、そこに暮らす人々が希望を持って暮らせているかどうか、ということの方が大事だと思うのです。それは大層なことではなく、単純に、田舎にいても楽しんで暮らすための1つの要素を提示したい、ということ。楽しんで暮らすための方法がなにか1つ増えたなら、たとえ田舎で暮らすのが楽ではなかったとしても、そこから離れる理由が1つ減るのではないだろうか、とぼくは考えています。

 ぼくはそのために、「日常を生きるための非日常」が必要だと考えています。

 ご協力頂きますカディンチェ株式会社さまをはじめとして、出演して頂くGuest DJの斎藤雄さん、出演・設営・運営にご協力くださるIAMAS NxPC.Labメンバーに、この場を借りて心から感謝申し上げます。

 それでは、2015年12月10日、木曜日の夜、インターネットで待ってます。
 物理的な距離を超えてあなたにお会いできるのを、楽しみにしています。



2015年11月28日
岐阜県大垣市 マクドナルド大垣アクアウォーク店にて

情報科学芸術大学院大学 修士1年/ソーシャルデザインエンジニア
佐野和哉



いつかこれを必要とする誰かに届くように

なんとかして1歩目を置こうと思います。1歩目なんて大抵地味でほとんど誰も見てないと思いますが、1歩目を置くことがほんとうに大事なのだと思うことが、この1年とてもよくありました。
ぼくが会社をやめてここに来た理由は、自分がやりたいと思う気持ちを思う存分開放することだったはずなので。ときたまそれは狂気じみているのですが、それも含めて開放するということなのです。いろんなものをぶん投げてここに来たのに、いまさら「これfacebookに投稿してどう思われるだろう…」とか考えてる場合じゃない。


アプリ、ダウンロードして頂けましたか?
http://nx360.tumblr.com/post/134657248996/nxpclive-360-%E8%A6%96%E8%81%B4%E6%96%B9%E6%B3%95%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6

ぜひ、ちらっとでもいいので見てみてください。
みなさんのご感想を楽しみにしてます。